RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
コードギアス人気投票 キャラクター編
 
現在大反響の『亡国のアキト』シリーズを記念して新調。

一応最現役の『亡国』がベースですが、追加で別作品のキャラを加えていただいて結構です。

(むしろ大歓迎と。)
author:jinhosio, category:コードギアス, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
コードギアス 反逆のルルーシュ

  最新シリーズ『亡国のアキト』の発表、待望の『漆黒の蓮夜』の連載開始もあって、再び注目の集まる人気シリーズ。


 いわゆる政戦両略シミュレーションとしても傑作の一つで、特に基本にして、平日の深夜帯でマイペースを貫けた、第一期シリーズの完成度は高い。

 (同様の意味で、日曜の夕方に昇格した後の『R2』には、いささか「人気作品」としてのバイアスと無理を感じるというか。)


 そうした意味で、この作品の個人的な最大の魅力と特徴のポイントは、なんといっても「枢木スザク」。

 当初の企画原点では想定されなかったといわれるキャラだが、その独特の出自や能力などからして、図らずも全戦局を決定するほどの「キャスティングボード」を様々に「握らされる」ケースが多く、それを巡っての様々な角逐も本作の魅力。
 
 そしてそこにおける最大のポイントは、そうしたスザクの存在が一種の「鏡」ないし「秤」になっているという点で、好意にしろ悪意にしろ、とにかく何がしかの感情を刺激せずにはおけない、そうした彼にどうするかによって登場人物たちはその各々の「資質」や「個性」を試されるわけで、おそらくこのような存在は過去においてそうはないというところ。


 実際、この作品における勝敗は「善」か「悪」かというようなところには存在しない。

 むしろそれら全てを総合した「器量」こそであり、その「鏡」と共に、まさに最注目の部分と。
author:jinhosio, category:コードギアス, 22:03
comments(0), trackbacks(0), - -