RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実  (渡辺惣樹/文春新書)

 

 久しぶりに読みふけった歴史考察の一冊。

 

 基本的に従来の「ナチス絶対悪論」を排し、それ以外の国々(特にアメリカ)の戦争責任を追及しようとするのが眼目らしい。

 

 ただしそれを重視する余り、ナチス(とドイツ国民)の応分の責任をも排そうとする側面もあって、全面肯定には躊躇せざるをえない面もある。

 

 特に直接ではないが、むしろ「ナチスをそのまま東方に進ませてソ連にぶつけるべきだった」「そうなれば西側は安泰だった」ととられかねないニュアンスもあり、その犠牲になる東欧国民についての配慮も伺えない。

 

 (ポーランドやチェコについては「強欲な小国」として、むしろ悪意す感じられる。)

 

 なかでも気になるのがイギリスについての分析。

 

 イギリスの支配層がベルサイユ条約の過酷さを修正しようとした事を割かし肯定的に描いているが、前大戦末期に国民を扇動して妥協を難しくさせ、かつ講和を引き延ばした事についての記述もいささか甘い。

 

 特に一番肝心なのはベルサイユ条約の過酷さを反省しつつも、その改定を自ら行わず、いわば「なし崩し」に行おうとした点であり、その辺りについての記述も甘い。

 

 またチェコ崩壊後のチェンバレンの対ポーランド保障についても触れているが、これについても当時動揺していた海外植民地に対する威信問題についての要素も欠けており、チェンバレン個人に責任を押し付け気味になっているのもいささか引っ掛かる物がある。

author:jinhosio, category:研究, 16:04
comments(0), trackbacks(0), - -
手塚治虫人気投票
 最近久しぶりの手塚熱の再燃とこの種の企画が無くなってる感じなので設置。

どうかお気楽に御参加されてください。
author:jinhosio, category:挨拶, 11:34
comments(1), trackbacks(0), - -
架刑のアリス (由貴香織里/講談社)
 
 ようやく読み始めた由貴作品の最新作。

 得意の寓話的世界を舞台にした「ふざけた」作品ですが、この耽美と悪戯的なハイブリットがたまらない。
author:jinhosio, category:漫画, 17:44
comments(0), trackbacks(0), - -
執事様のお気に入り (ストーリー構成:津山冬 作画:伊沢玲/白泉社)
 遂に完結。

 ただし正直言って紗英の父親をスケープゴートにしたような展開にはどうしても違和感と不服が残る。

 今後はむしろ紗英主従を主役にした新シリーズを期待。
author:jinhosio, category:漫画, 13:55
comments(0), trackbacks(0), - -
カイザーの世界政策と第一次世界大戦 (義井 博/清水新書)
  中公新書で「ビスマルク」が出た事で、合わせてお勧めしたい新書の一つ。

 ここで言う「カイザー」とは「ヴィルへルム二世」の事ですが、彼の生涯を重ねる事で「ビスマルク体制」の崩壊と、ドイツに不利な状況での「第一次世界大戦」への突入も良く分かる感じで。
author:jinhosio, category:研究, 14:10
comments(0), trackbacks(0), - -
第二次世界大戦前夜―ヨーロッパ1939年 (笹本 駿二/岩波新書)
 以前住んでいた土地の図書館で愛用していた本の一つ。  「ミュンヘン協定」から「独ソ不可侵条約」に至る、怒涛の外交時期を舞台にした作品で、なかでも「英仏ソ三国交渉」を描いた部分が重要。  特にミュンヘンと同様、重要な役割を果たしたのがチェンバレンで、自分が「対ソ不信」に固まっているが故に、ヒトラーもそうだと思い込んでいたらしいというのが、交渉の破綻の原因となったという分析が興味深い。
author:jinhosio, category:研究, 20:28
comments(0), trackbacks(0), - -
セーラームーン掲示板
新作アニメ記念。

放置状態の掲示板のサルベージですが、せっかくの物だけに有効活用を。
author:jinhosio, category:アニメ, 22:33
comments(0), trackbacks(0), - -
コメントでノベル掲示板
新しく小説用掲示板を設定しました。

よろしければどうぞ。
author:jinhosio, category:挨拶, 16:30
comments(0), trackbacks(0), - -
偽りの同盟―チャーチルとスターリンの間 (秋野 豊/勁草書房)

 まだアメリカが参戦する前の、独ソ戦初期の英ソ関係を描いた力作。

 当時一般的な見方だったとされる「ソ連崩壊」を前提にしての、イギリス側の各種の思惑ぶりがポイントであり、特にバクー油田の破壊を目論んだとされる「コーカサス派遣軍」に関する推移が面白い。

 そしてそれを察知しつつ、巧みに「試し」に掛けるソ連側の狡猾ぶりも。
author:jinhosio, category:研究, 21:45
comments(0), trackbacks(0), - -
超人ロック掲示板
管理の不手際で消滅させてしまった、前掲示板に代わり、改めて設定。

とにかく最新の『刻の子供達』編が痛快です。
author:jinhosio, category:挨拶, 13:26
comments(0), trackbacks(0), - -